居抜きを買う

TsuKuRuは動産=お店を紹介するビジネスなので「不動産屋さん」ではございません。その為、飲食店舗のテナント契約は不動産屋さんの宅建業者が行います。

・動産・居抜きを紹介する→TsuKuRu

・空きテナントを紹介する→不動産屋さん

目指すところが全く違う為、結果も大きく変わります。

①TsuKuRuでは居抜き=動産に価値=値段を適性につけることができる

店主さんの資産である「動産」は不動産屋さんにとってはテナントの仲介のついでに取り扱う為、資産価値を低く提示したり、または売れるはずもないほど高額に提示して決まらないということが良くあります。

TsuKuRuは「動産品」を専門に扱う為、一所懸命に紹介して成約を目指します。成約率は70%ほどです。

②動産=居抜き譲渡の契約書を作成

数百万円の取引をする為、きちんと動産譲渡契約書を作成して、後でトラブルにならないように行います。

今まで一度も裁判になったことはございません。

■個人同士での取引はトラブルが多数

・相場が分からないと思い、新品価格以上の値段で売る

後で内装業者や厨房機器メーカーより価格を聞き購入した方は「だまされた」と裁判を起こした事例もあります

・買う買う詐欺

良くあるのがお客さんや友達に閉店する事を告げると「俺が買うから」と調子の良い事を言う人がいるようです。

大概、いつ買うのか?と詰めると「安くしてくれ」「やっぱりお金がない」「毎月少しづつ払うから分割にしてくれ」などと言い出します。

■高額取引は公平な立場の第3者のプロがいると安心です!

私達はトラブルが起こらないことを第一に考えています。

■2020年1月から新潟での事業を始めますので、飲食店を居抜きで始めたい方も、居抜きで売りたい方も宜しくお願い致します。

■新潟居抜きはこちらから■