居抜き仲介TsuKuRuとは?

TsuKuRu 代表 塩崎俊洋

TsuKuRuとは?■

宮城県仙台市で2012年に開業して年間20数件の閉店、開店をお手伝いしています。

TsuKuRuは不動産業としてテナントを紹介しているわけではなく、

閉店する店主・オーナー様の「動産」=「居抜き」を紹介して、開業希望者とマッチングする事業でございます。

閉店する方・開業する方、双方から非常に喜ばれる為、

2020年に「新潟」でも事業範囲を拡大する事となりました。

■居抜きとは?■

一言でいうとお店丸ごと値段をつけて売り買いする事です。

飲食店は何もない状態から内装、基礎工事部分を作ると1坪60万円ほどが相場です。

10坪だと席数が18席、割とこじんまりしたお店でも600万円ほど費用がかかります。

■例■

基礎工事部分

・電力アップ

・吸排気系の工事

・ガス工事

・上水、排水工事

・照明などの電気工事

・エアコン

・厨房の防水工事

内装工事部分

・お客様玄関

・ホールの床、天井

・壁紙、ペンキ

・カウンターなどの造作

その他かかる費用

テーブルや椅子の家具で50万円~

厨房機器 80万円~

器が鍋などの備品一式 50万円~

10坪のお店を新品で作る場合、運転資金も含めて1000万円ほどの費用がかかります。

気軽に開業できる金額ではございません。

そこでTsuKuRuでは主に飲食店を中心に居抜きをご紹介しています。

体力勝負の飲食店では閉店理由は複数あります。

・病気をしてお店に立てない

・任せていた従業員が突然いなくなった

・高齢で長時間の立ち仕事がつらい

・介護の為、拘束時間の長い飲食店は無理になった

・赤字が続き現金がなくなり借入もできない

新潟市内には数千店舗の飲食店がございます。

高齢の店主様も多いようですので「居抜き」がお役に立てるのです。

居抜きで売却できると店主様のメリット

テナントを借りている場合、閉店解約するときは義務があります。

・借りた時の状態に戻す事

テーブル・椅子の家具や厨房機器を撤去する事

カウンターや造作物を撤去する事

上記の事を「原状回復義務」といいます。

原状回復を行わないと「敷金の返還」はございません。

事業用のごみは「産業廃棄物」となりますので、家庭ごみや搬入ごみでは捨てられず、指定業者により廃棄する為、高額となります。

次に使う方を見つけられると

・処分費

・敷金

・居抜き売却費

開業希望者は安く開業でき、お互いがWIN WINとなるのです。